大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

秀英予備校の口コミや評判

公開日:2022/09/13  

秀英予備校の画像

小学生・中学生・高校生を対象とした学習塾・予備校である秀英予備校。本社は静岡にありますが全国20都道府県、250以上の校舎を運営しています。

今回は高校生コースに焦点をあてて説明していきます。毎年数多くの生徒を難関国立大学・私立大学に輩出している秀英予備校、その学習システムはどういったものなのでしょうか。

秀英予備校って?強みと特徴

秀英予備校は「社会に貢献できる、人材を育てたい。」という理念に基づき、3つの軸を掲げています。勉学を通して、グローバル社会において自立できる力を養うこと・現状に満足しないで常に一段上を目指す姿勢を身につけさせること・他人に対して思いやりを持てる人材を育てること。これらの軸は学習システムにも活かされています。

全国20都道府県、250以上の校舎を運営

秀英予備校グループは、 北海道・宮城県・福島県・栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・東京都・神奈川県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県・大阪府・兵庫県・福岡県・長崎県・沖縄県の全国20都道府県、250以上の校舎を運営しています。2019年4月からは、小学1年生〜5年生までが対象の学童保育「秀英KIDS」の運営もスタートしました。小・中・高一貫教育を取り入れることで、生徒それぞれの学力を把握し長期的かつ効果的な学習スタイルを提案しています。

個別担任制度と進学アドバイザー

生徒ひとりずつに専任講師と進学アドバイザーがつく、個別担任制度をとっています。心配事を日常的に相談できるだけでなく、親を含めた三者面談も実施されます。毎年多くの受験生を見送っているベテラン講師・アドバイザーなので、成績だけでなく生徒の変化にも敏感です。学習面だけでなく、メンタル面でもサポートしてくれる心強い味方です。

秀英予備校で成績が上がる理由

秀英予備校は、学習環境・レベルに合わせたサポートが充実しています。主に集団授業・映像授業・個別授業、3つの学習スタイルから自分に合ったものを選択できます。

組み合わせることも可能なので、得意科目は映像授業・苦手科目は個別授業など、学習レベルや予算によって学習スタイルを選べる自由度の高さも、人気の理由です。今回は映像授業・個別授業に焦点をあてて説明します。

映像授業

映像授業は学習レベルに合わせて動画のスキップ・巻き戻し・再生を行えます。分からない箇所はその場にいるチューターにすぐに相談できるので、自分のペースで学習しながら、疑問はすぐに解消できる効率的な学習スタイルです。

映像授業は自宅学習コースも選べるので、忙しい学生や通学が難しい状況でも諦める必要はありません。疑問点はコミュニケーションボードといわれるメール機能を使って質問できます。高校3年生には、学力別・目的別の大学受験対策講座も用意されています。

個別授業

個別授業では講師1名で生徒2名までの指導を行います。講師を固定することで、生徒の学力レベル・課題点を理解し的確な指導をすることが可能です。

室長は講師からの報告を基に、生徒の全体的なサポートを行います。そのため、3ヶ月先までの学習計画は室長が作成します。教室一丸となって生徒のサポートをする姿勢は、定期的に行われる家庭への電話や三者面談からも感じられるでしょう。

通常授業と定期テスト対策

通常授業では、学校で行われる3週間先の内容を学習します。学習を先取りすることで、学校での学習時間は復習の機会となり、知識を定着させることができます。

定期テスト3週間前になると、テストまでの間は定期テスト対策授業を行います。出題される可能性が高い問題に取り組むだけでなく、目標点数の設定や勉強スケジュールを立てる計画的な対策です。定期テストの結果は内申点にも影響するので、手厚いサポートが必要とされます。

秀英予備校の高校生、高卒生コースを紹介

集団授業・映像授業・個別授業(1対2)について説明しましたが、高校生・高卒生コースには、1対1の個別指導や自主学習をサポートする学習スタイルも追加されます。学力に合わせたカリキュラムの作成から志望校合格に向けたオリジナルのサポートなど、手厚いサービスと効果を期待できます。

高校生、高卒生コースでは、「ASSIST」「ASSIST SR」「個別指導(1対1)」も選択できる

高校生、高卒生コースでは、集団授業・映像授業・個別授業(2対1)だけでなく「ASSIST」「ASSIST SR」「個別指導(1対1)」も学習スタイルの選択肢に加えられます。「ASSIST」は、自習教室を提供する学習サービスです。

勉強するのに適した環境を提供するだけでなく、学習相談・進路指導や質問対応などの学習サポートを行います。生徒一人ひとりを担当する個別担任制度で、高校生の指導を専門とする専任講師と進学アドバイザーがつくのもポイントです。

「ASSIST SR」には個別担任制度はありませんが「ASSIST」同様の学習サポートがあり、各校舎の室長が相談にのります。

高校生限定の休憩室

高校生だけが利用できる休憩室があります。授業中や自習室では気を遣うリスニングや音読も、周りを気にせず思う存分学習できます。

もちろん飲食もできるので、勉強の合間のリフレッシュに重宝しています。友達同士で情報を交換したり、気軽に利用できるスペースとして人気です。

イベント・講習

短期講習・学校説明会・オリジナル模試など、通常授業にプラスすることで効果を期待できるイベント・講習も充実しています。オンライン実施の内容もあるので、映像授業の雰囲気を掴むのにおすすめです。イベント・講習内容は、秀英予備校ホームページで随時更新されています。

無料体験

秀英予備校では無料で通常授業の体験学習ができます。希望の校舎で体験学習に参加したあとには面談もあるので、不安なところはその場で質問してみましょう。

映像授業を検討しているのであれば、秀英予備校のホームページで各学年向けの映像授業を見ることができます。学習スタイルに悩んでいる場合には、これらの動画を参考にしてみてください。授業の流れや雰囲気を確認することで、自分に合うスタイルを見つけられるはずです。

まとめ

高校生・高卒生コースを中心に秀英予備校の特徴を説明しました。秀英予備校ホームページから、各教室の詳細を写真つきで確認することができます。

学習スタイルによって料金も異なるので、気になる方は秀英予備校ホームページを確認してみてください。豊富な学習スタイルのある秀英予備校で、無理のない学習スタイルを見つけましょう。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名東進河合塾(マナビス)駿台予備学校四谷学院武田塾
ポイント「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

東京の予備校ランキング!
第1位 東進
第2位 四谷学院
第3位 武田塾
第5位 一橋学院
サイト内検索
予備校関連コラム