大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

港区周辺でおすすめの予備校3選

港区周辺でおすすめの予備校3選

 

予備校を選ぶ時は安心して通えることを確かめて決めることが重要で、何を知ればいいか順にポイントを紹介します。
勉強は最適な方法を決めないと意味がなく、志望校を決めてカリキュラムの内容を確かめて取り組むことが大事です。

 

 

トーマス【TOMAS】麻布校の特徴を知る

トーマス【TOMAS】麻布校

【詳細】

会社名:トーマス【TOMAS】麻布校

住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番1-7-3 藤原ビル2-3F

連絡先:03-5786-1759

 

トーマス【TOMAS】麻布校は経験豊富なベテラン講師が多数在籍し、生徒一人ひとりにあった講義の内容が高い評価を受けています。

〇特徴
・大学の合格実績は東京大学や慶応大学、早稲田大学など難関校もあり、難関私立中学や高校向けのカリキュラムもあるため学びやすいです。
・校舎見学は通う前に教室などの雰囲気を味わえ、授業体験ではマンツーマンの授業の様子を無料で体験できて最適な内容であるか確認できます。
・トーマス【TOMAS】麻布校は小学校から高校まで学年別に分け、志望校に合わせてカリキュラムを決めて個別指導を行うことが特徴です。
・教育システムの特徴は志望校や学部を狙い撃ちし、併願にも対応できるように入試傾向を分析し講師がマンツーマンで指導を行います。
・スケジュールは基礎的な知識から実戦力を養成して応用できるように決め、時期ごとに目標を決めて達成できるように考えていることがメリットです。
合格体験談はどのようなことをすれば成績を伸ばせたのか赤裸々に語り、受ける前に参考にすると方針を決めるために役に立ちます。

 

武田塾 広尾校は授業をしないことが特徴

武田塾四谷校【詳細】

会社名:武田塾広尾校

住所:〒150-0012 渋谷区広尾5-19-11 Mullion広尾ビル 5階

連絡先:03-5422-9730

 

武田塾広尾校は授業をしないことをキャッチフレーズとして注目されていますが、自学自習をすることを心がけないと無意味なことを意味しています。

〇特徴
・この塾の方針はただ単に同じ授業を受けても自主的に学習しないと無意味であると考え、復習をして前向きに覚えることを重視していることが特徴です。
・学習方法は参考書の内容を確実に覚えないと先に進めないように設定し、他の予備校のように中途半端な状態で放置することを避けます。
・武田塾 広尾校は参考書を使うため他の予備校よりも圧倒的に早く覚えやすく、授業ではそのまま過ぎますが繰り返して覚えやすくて効果が高いです。
・生徒の学力は毎週行われるテストで確認し、不合格の場合はやり直せるように計画的に学べるように方針を決めているため安心できます。
・人間は時間が経つと忘れやすくなるため何度も繰り返して覚えないと中途半端になり、参考書を使うと確実に覚えやすくなることがメリットです。
・教育方針は自主学習の鉄鶏管理を行い勉強する癖を付けさせ宿題チェックや365日分の課題を設定しているためペースを決めて学べます。

 

東進衛星予備校 南麻布ヒルズ校はスキマ時間で学べる

東進衛星予備校南麻布ヒルズ校

【詳細】

会社名:東進衛星予備校南麻布ヒルズ校

住所:〒106-0047 東京都 港区 南麻布5-13-3

連絡先:0120-104-531

 

 

東進衛星予備校南麻布ヒルズ校はスマホアプリを使うとスキマ時間で学べ、必要な知識を効率良く覚えるために役立ちます。

〇特徴
体験授業は通う前に実力講師の授業を無料で体験でき、自分に合った方法であるか判断することや学び方のコツをつかめて便利です。
個人面談は大学受験や進路の決め方などの悩みを相談でき、生徒本人だけでなく父母を対象に毎日実施していて些細な悩みを解消できます。
・合格実績は東京大学に予備校全体で700名の実績があり、志望校に合わせたカリキュラムを決めて指導をすることが特徴です。
・講座の内容は志望校に合わせた科目を扱い、入学試験の出題傾向に合わせて必要な知識を効率良く覚えるようにスケジュールを決めています。
・詳しい内容は資料請求をすると確認でき、授業の時間や回数を参考に申し込むとテキストを配布され予習や副手をして計画的に学ぶと効果的です。

〇まとめ
★予備校は学校によって指導方法が異なり事前にそれぞれの違いを確かめ、志望校に合格できるよう目標を決めて取り組むことが大事です。
★勉強は自分自身の性格などを考えて最適な指導方法を探し、正確な知識を付けて自信を持てるようにしてから試験に臨む必要があります。