大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

東京でも安い予備校はある!授業料の目安とコスパの判断方法

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/17


東京で予備校を探すときに、学び方の工夫で授業料を安く抑えてくれるところもあります。また、インターネットで授業ができるようにすることで、コストを抑えつつ自宅で効率よく学べるなど、さまざまなメリットがあります。東京の予備校の新しい取り組みに注目することで、費用を抑えて安心感を持って学べるところを見つけられます。

1年間の授業料の目安と低コストの工夫

東京の予備校の授業料が高いと感じる方も多くいますが、都会にも安い予備校があり、比較をすることで費用の違いを知ることができます。費用の違いを調べる前に、1年間学ぶことを考えて授業料の目安を知ることも大切なポイントです。

国立の学校を受験する場合、東京では一般的に1年間の授業料が70万円から80万円ほど発生します。

私立の場合は、1年間で80万円ほど必要なコースもあり、国公立と私立のコースで大きな違いはありません。

しかし、医学部受験の場合、100万円以上必要な場合もあるため、難関の医学部はサポートが充実している分、費用がかかるケースが多いです。それぞれのコースの1年間の授業料の目安を知っていると、複数の予備校の比較をするときに、東京でも安い予備校を見つけやすくなります。

参考書をたくさん用意せずに、1冊をしっかりと理解できるように学ぶなど、安く学べるコースを見つけることもできます。コストパフォーマンスに優れたサービスを提供するところを見つけることも大切です。

東京の予備校の取り組みに注目する

東京にはたくさんの大学があり、受験のために予備校を真剣に選ぶ方もたくさんいます。予備校もライバルがいる中で、差をつけることができるようにサポートの充実や料金の安さなど、他ではなかなかまねできない工夫をしています。

たくさん授業をするイメージを持つ方もいますが、授業を少なく抑える分、自学自習の時間を大切にするところもあります。授業を少なくすることで、低コストにすることが可能ですし、参考書もたくさん用意することなく、きちんと理解できるまで繰り返し学ぶことも大切です。

学習状況を把握して、最適なプランを提案してくれるところもあり、最適なプランを選択した結果、料金を安く抑えることができる場合もあります。

レベルに合った講義で着実に成績を伸ばしていき、充分理解しているところまで授業で学ぶ必要がなくなると効率よく学習でき、適したコースで料金が安くなります。比較サイトを使って情報を集めることで、それぞれの違いを理解して、1人1人に合ったコースを選択できます。

奨学金や授業料免除で負担を抑える

学生を支援する取り組みもあり、東京の予備校の中には、奨学金を用意してくれるところもあります。入学金や授業料でまとまったお金が必要になる場合でも、奨学金で負担を軽減できるため、安心感を持てます。授業料の安さに注目することも大切ですし、奨学金も使ってまとまった費用の支払いの問題を解決し、分割払いで少しずつ支払いができるように柔軟な対応ができることも大事です。

また、成績がよい優秀な生徒は、授業料免除や割引をしてもらえる特待生の制度が用意されているところもあります。授業料免除は勉強を頑張る受験生にとって、学び続けるときのやる気アップにつながります。

東京で予備校の情報を集める時に、学ぶ生徒を支援する取り組みに注目することも重要になります。新しい取り組みを進めるところもあり、ネットを使った授業を始めるなど、ネットを使って自宅でも効率よく学習でき、コストパフォーマンスに優れたサービスを用意できます。

 

東京にも安い予備校があり、参考書などをたくさん購入する必要なく、自学自習の時間を増やして授業を少なくする形で授業料を安く抑えるところもあります。また、ネットを使った授業でコストを抑えながら、安心して学べる環境を作る取り組みにも注目です。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名武田塾河合塾(マナビス)駿台予備学校東進四谷学院
ポイント史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院
サイト内検索
予備校関連コラム