大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

東京の予備校の時間割やカリキュラムの組み方

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/08

東京の予備校に通うつもりであれば、時間割やカリキュラムの組み方が気になる人もいるかもしれません。これは選んだ学校によって大きく異なるので、希望する場所がどのような仕組みであるか理解しておかなければならないと言えます。一般的な時間割やカリキュラムの組み方を紹介するので、これを参考に東京の予備校を選ぶと良いでしょう。

カリキュラムや時間割はほとんど決められていることも多い

東京にある予備校では、カリキュラムや時間割が大まかに決められていることが多いです。午前中やお昼頃までは決められた時間割の授業を受けて、午後からは自分で選択した科目の講義を受けたり、テストや個人指導を受けたりできる予備校もあります。カリキュラムや時間割の決め方は選んだ学校で大きく変わってきますが、目指す進路によって大まかにカリキュラムが作られていることが多いといえるでしょう。

特に医学部進学専門の予備校など、専門性のある分野の大学を受験しようとしているのであれば、ほとんど時間割が決められているということが少なくありません。

一方で様々な大学を目指す人が集まっている予備校では、人によって重視する科目が違ってくるので受講する授業を比較的自分で選びやすいと言えます。これを知らなければ自分の好きな教科だけ受けられると思っていたなどの勘違いをしてしまう可能性があるので、あらかじめ注意しておかなければなりません。

苦手な科目を重点的に選択できるケースもある

予備校の形式によっては、苦手な科目だけを重点的に選択できる場合もあります。全寮制の場所を利用する場合は、授業もほぼ決められていて毎日あらゆる教科の勉強をすることが多いですが、決まった曜日だけ通うケースなどは自分で苦手な科目だけを選んで授業を受けるというパターンが多いです。

自分ひとりでは困難だと感じる教科のみを選択することができるので、得意なものはわざわざ選択しなくても良い仕組みになっています。特定の分野だけ授業を受けたいという場合は、こういったカリキュラムの選び方ができる予備校を選択することがおすすめです。

全てのことを学ぶ必要がないので、費用を安く抑えることができますし、得意な部分は誰かに説明を受けずにひたすら自分で学習したいという場合にもピッタリだと言えます。カリキュラムを自分で柔軟に決めることができる場合は、不得意なものだけを選ぶこともできるので、基本的には自分で学習を進めたい場合にこういった東京の予備校がおすすめです。

事前にカリキュラムや時間割を確認しておこう

あらかじめ時間割やカリキュラムについて細かく確認しておかなければ、苦手な科目だけを学びたいと思っていたのにあらゆる科目の授業を受けることになるかもしれません。これらは予備校の公式ホームページやパンフレットで確認できるので、学校を決定する前にチェックしておかなければならないことのひとつだと言えます。

どこを選んでも同じだと思って、自宅からの距離や学費を重視してしまう人も多いですが、受験を成功させるためにはカリキュラムの選び方も非常に重要です。効率良く勉強することができるカリキュラムや時間割を選ぶことができないと、勉強が上手く進まない可能性があるので、学校を決める前にはしっかりと確認しておく必要があります。

初めからほとんどの生徒が同じカリキュラムで授業を受けるケースもあれば、個人個人の苦手にあわせて好きに授業を編成できるケースもあるので、自分に適しているほうを選択することができるようにしてください。

 

予備校は学校によってカリキュラムや時間割の組み方が異なっています。生徒が自由に編成できることもあれば、ある程度授業内容が固定されているケースもあるので、事前に希望する学校がどのような仕組みなのか把握しておくことが大切です。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名武田塾河合塾(マナビス)駿台予備学校東進四谷学院
ポイント史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院
予備校関連コラム