大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

予備校の映像授業とは

大学受験の準備をするとき、高校の勉強や自己学習だけでは難しい可能性があります。

その時には受験のための勉強を教えてくれるサービスを利用しましょう。

一般的には教室などで講師の授業を受けますが、それ以外の方法を取るところもあります。

 

ライブの授業を通信衛星などで配信

大学受験のためには勉強が必要になります。

高校の授業を受けていれば十分合格できるときもありますが、全ての高校で受験に必要なレベルの授業が行われているわけではありません。

となると足りない勉強を別途習う必要があり、自分で行うのか何らかのサービスを利用するかの選択になります。

多くの人が利用する受験用のサービスとしては予備校があります。

高校に通学している人も利用できますし、既に高校を卒業した浪人と言われる人も通学できるようになっています。

大手などは都心部に校舎があるので、そちらに通えるのであれば通って授業を受ければいいでしょう。

しかし地方となると校舎はあってもいい先生の授業が受けられないときもあります。

難関コースなどは都市部の校舎でしか授業を行っていないときがあります。

その時に行われるのが映像授業です。

都市部にある本校などでライブの授業が行われていて、そちらで生徒を前にして授業を行っています。

その授業の様子をカメラで撮影し、地方にある校舎でもリアルタイムで受けられるようにしてくれています。

 

映像用の授業を撮影して全国で同じ授業を受ける

学校の先生の授業の方法といえば、教壇に立ってどんどん話をしてくれます。

生徒の中には黒板を写すのに必死だった人もいるかもしれません。

黒板の使い方は先生によって異なり、テストに出るところをそのまま黒板に書く先生もいれば、話を強調したいときのみ使う先生もいます。

予備校においても黒板は使われますが、どちらかといえば話を強調するときに使うことが多いかもしれません。

映像授業として提供されるとき、あらかじめ講師が映像用の授業を撮影してそれを全国に配信するケースがあります。

ライブ授業ではどうしても授業の中に無駄が生じる時がありますが、最初から映像として配信することを想定しているので無駄がなく、又、全国にいる生徒が同じ条件で授業が受けられます。

都心部にいる生徒も地方にいる生徒も同じ映像を見て勉強をします。

ライブ授業の配信だと、実際に受けている人と地方で映像を見ている人だと少なからず差が生じますが、その差ができにくくなると言えるでしょう。

 

DVDやインターネットを通じて授業を受ける

受験勉強は継続的に行う必要があり、自分で勉強するにしても教育サービスを利用するにしても休むことはできません。

ただ高校生は高校の生活をしながら受験勉強をしなければいけません。

高校3年生だとまだ部活をしている人もいますし、学校の行事などに参加しないといけないときもあります。

せっかく教育サービスを利用していても、そちらに行けなくなるときがあるかもしれません。

予備校に通うと通常は教室で講師の授業を受けることになるでしょう。

授業中の質問はできないことが多いですが、授業の後なら自由に質問ができます

もし用事があって授業に出られないとき、映像授業が用意されていてそちらで補完できる仕組みを取れるところがあります。

通常の授業が映像として残されていて、生徒はDVDやネットなどを通じてその映像を見ながら勉強をします。

授業に出られなかったのみ利用できるところもありますし、実際に受けたけどももう一度受け直したい人が自由に受けられるときもあります。

DVDであれば映像を速めて学習したりできる時もあります。

 

都市部でしか開講されていない授業を地方の校舎でもライブ配信してくれるところがあります。

その他授業は全て映像コンテンツになっていて、全国の生徒が共通の授業が受けられる仕組みもあります。

補講的に映像を使えるところもあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院