大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

合格率アップ!東京の医学部志望なら予備校へ

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/03

年々医学部人気は高まる一方で、難関高校で上位の成績を誇る生徒にとっても楽観はできない状態となっています。現在では滑り止めに出来る私大医学部など存在しないほど偏差値が上がり、医学部志望の生徒は合格のための戦略を練る必要が出てきました。

医学部志望なら予備校が必須なワケ

医学部志望者にとって予備校に通うというのは、重要な戦略のひとつです。その理由は予備校はただ単に志望校に入るための偏差値を上げる目的だけではなく受験に必要な情報を与えてくれるからです。確かに東京には医学部を持つ大学は地方に比べてたくさんあるかもしれません。

しかし、全ての大学が同じ傾向の入試問題であるという訳ではありません。もちろん、自分自身で丁寧にそういった入試の傾向を大学ごとに調べて行くことは可能です。けれども、それには膨大な時間がかかるというのが事実なのではないでしょうか。ただでさえ限られた時間の中で合格を勝ち取るための努力をしなければならない受験生には、情報収集の時間はないのです。

予備校はそんな忙しい受験生に代わって、各々の大学の正確な情報を集め、似たような傾向を持つ大学をグループに分け、それらの大学の合格に向けてのコース分けを行っているところもあります。受験生にとっては大きな助けとなり、また時間の節約にもなっています。

東京の予備校は何を基準に選べばいいの?

東京のような大都会には、地方に比べて医学部を擁する大学がたくさんあります。志望大学へ入学するために多くの生徒が予備校へ通うことになりますが、どこを選ぶかということが合格を左右する大きなカギとなります。東京には数多くの予備校があるので、何を基準に選べば良いのか迷ってしまうのも当然かもしれません。

そこでまず注目するべきなのは「実績」であるという事を是非覚えておいてください。予備校のパンフレット等に前年度にどこの大学に何人合格したか、という実績が書かれているのを目にしたことがある人もいるかもしれません。

これは、非常に重要な予備校選びのポイントのひとつとなります。特に東京のような予備校激戦地区では合格の実績というのは予備校の知名度よりも重要だと言っても良いかもしれません。特に医学部志望者にとっては、有名大学に何人合格したかということよりも、医学部に何人合格したかという実績の方が重要視されるということもあるでしょう。

モチベーションを保つ環境の大切さ

もうひとつ合格突破に向けて重要なのが受験勉強のモチベーションを保つということなのではないでしょうか。特に医学部の場合は数年単位で浪人しているという生徒も決して少なくはありません。長丁場の受験生活は、精神的にも煮詰まってしまうことがあるかもしれません。

そんな時、同じ予備校の仲間がいたら、それは大きな助けになるはずです。特に医学部コース等を選択したのなら、講義を受ける受験生はみんな医学部志望なので、時には励まし合い、時には良い意味でライバル意識を燃やし、お互いが切磋琢磨しながら辛い受験勉強を乗り切ることが出来るのではないでしょうか。

予備校によってはチューター制度を設けているところもあり、受験生の勉強に関する問題点は当然のことながら、日常生活における不安も親身になって相談に乗ってくれます。そういったシステムを上手に利用することで、不安な受験勉強の期間を乗り越えることが出来たという声も多数あります。

 

難関な医学部受験を突破するためには、予備校通いは偏差値アップだけでなく情報収集のために大いに役立ってくれます。東京にはたくさんの選択肢がありますが、実績を始めとしていくつか絞り込み、自分に合った予備校を慎重に選ぶことが合格のカギとなります。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名武田塾河合塾(マナビス)駿台予備学校東進四谷学院
ポイント史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院
サイト内検索
予備校関連コラム