大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

大学受験で必ず聞くセンター試験とは?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/08/04

大学受験を意識して学ぶ前に、これから受ける予定の試験の意味をきちんと理解してから、受験勉強を始めることをおすすめします。試験の仕組みをきちんと理解していることで、今後の学び方をきちんと考えて行動を起こせます。

試験の仕組みを理解して受験勉強を始める

大学受験を考えている方は、センター試験のこともきちんと考えて、勉強をする必要があり、漠然と勉強を始めるのではなく、それぞれの試験の意味を知ることも大切です。

センター試験とは、正式な名前が大学入学者選抜大学入試センター試験で、独立行政法人大学入試センターが大学受験者を対象に、全国一斉におこなう学力試験であり、重要な試験となります。

国公立大学や多くの私立大学で、このセンター試験の結果が合否を判断するほど重要であり、この試験の後にそれぞれの大学で二次試験がおこなわれます。ほとんどの大学が、二次試験も含めて、複数の試験結果で合否を判断し、1月中旬におこなわれるこの試験は第一関門となります。

全国の受験生がこの試験で同じ問題を解くことになり、全国の受験生と比べて、自分の学力がどのくらいなのかをチェックするよい機会にもなり、試験対策は重要です。基本をしっかりとおさえていると、正解できる問題がたくさんあるため、学生時代に使った教科書の内容をしっかりと理解していると、スムーズに試験を解けます。

基礎の土台をしっかりと作ることを考えて、独学で学ぶだけではなく、難しいと感じるところのないように、予備校で学んで対策を取ることも必要です。

志望する大学に合わせて必要な科目を選ぶ

センター試験は、志望する大学に合わせて、必要な科目を選んで、試験を受けることができ、文系と理系によって、力を入れる科目も異なってきます。本番の試験をイメージしながら、できるだけ高得点を狙えるように、より効果的な学習方法を考えていくことも必要になります。

出題形式は、マークシート形式で、回答自体は簡単にできますが、注意点として、マークミスによって回答結果にずれが出てしまうと、本来高得点を取れた方も低い点数となる恐れがあります。マークシート形式の試験に慣れることで、マークミスのないように、きちんと確認しながら、問題を解いていくことができるようになります。

予備校で学ぶ方の中には、マークシート形式の試験もしっかりとおこない、問題の解き方に慣れていると、落ち着いて回答できるようになる方も多いです。試験が終わった後は、早めに自己採点をおこない、点数を見ながら、改めて自分が出願する大学を決めるなど、今後のことを考えた対策を考えていく必要があります。

適切な対策を取るための予備校選び

現役の学生の場合、初めて受ける試験で緊張してしまう方もいますし、マークミスをしてしまう恐れもあります。試験対策をきちんとおこない、緊張しすぎることなく、落ち着いて試験を受けられるように、準備をしっかりと進めていくことも必要です。

予備校に通うことで、本番の試験を想定した練習をすることができ、たくさんの問題を解いていくことによって、自信がつく方もたくさんいます。本番の試験のことも考えた対策をしっかりと取ることができるように、評判が良い予備校を見つけることも大切なポイントです。

受験生のフォロー体制がしっかりとしている予備校を見つけるために、比較サイトを活用しながら、評判が良い予備校を見つけられます。

 

センター試験とは、正式な名前が大学入学者選抜大学入試センター試験で、多くの大学がこの試験の結果も含めて、合否を判断します。独立行政法人大学入試センターが大学受験者を対象に、全国一斉におこなう学力試験なので、まずは第一関門として、受験生はセンター試験でよい点数を取れるように頑張る必要があります。

センター試験の対策もしっかりとおこなってくれる予備校を見つけることで、マークミスのないように、練習をして問題を解くことに慣れていくことができる方も多いです。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名武田塾河合塾(マナビス)駿台予備学校東進四谷学院
ポイント史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院
サイト内検索
予備校関連コラム