大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

東京で入りやすい予備校

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/07/30

東京で予備校に行くのは、大学合格を目指しているからです。

そのため実際にどのようなところに行くか決めるとき、入りやすいかどうかがポイントの1つです。

入りやすい環境を選ぶことで大学合格に向けて有意義な時間を過ごすことにもつながります。

では実際により良い環境を選ぶためには、どのような点に注目したらいいのでしょうか。

志望校から適した環境を考えること

東京の予備校といっても、さまざまな選択肢が存在しています。そのため自分に合った環境を選ぶためには、まずは志望校を考えていくことも大切です。

例えば医学部合格を目指しているのであれば、そのために特化した予備校を選ぶのも1つの手です。ですが医学部特化の予備校といっても、東京には数多くの選択肢があげられます。多くの選択肢の中から選ぶために、実績に注目してみましょう。同じ東京にある環境だとしても、実績面には場所ごとに違いが見られます。

また、合格率が高いところであれば、自分の志望校の受験対策で有意義な時間を過ごせる可能性が高くなります。実績を考えるとき、合格率ではなく合格した人数に注目した方もいます。規模が大きいところであれば、人数が多くなるのは当たり前のことです。100人受けて5人が合格した場合と、10人受けて5人が合格した場合でも人数で見ると実績は変わりません。だからこそ率で考えていくことが大切です。

評判から環境を考えてみる

東京には多くの予備校があることから、どのような環境を選べば入りやすいのか迷ってしまう方も多くいます。そこで実績に注目するだけではなく、実際に通った経験がある方の評判を参考にしてみましょう。

実績が豊富な環境だとしても、自分に合っている形なのかどうかというのは大切なことです。自分と相性の良さそうな環境なのか考慮するために、利用者の評判を参考にすることも可能です。

実際に利用者の意見を参考にする場合には、複数の方の意見をチェックすることも必要です。同じ環境に関する口コミだとしても、利用した方によって感じ方は異なります。また違う方の意見だと、異なる視点から見た口コミの情報を集められます。多くの情報から自分に合った環境を判断するためにも、複数の方の意見を参考にすることも欠かせません。

学習環境や講師の質、さらには講義の雰囲気などをチェックしたうえで志望校合格を目指すのに適した環境なのか考えていきましょう。

さまざまなポイントから比較して選ぶこと

東京の予備校選びといっても、さまざまな視点から判断することが可能です。

例えば選ぶポイントの1つに、相談しやすい環境が整っているのかという点もあげられます。長い受験までの時間を過ごす場合、勉強の仕方などさまざまな点で不安になることもあります。そのようなことを気軽に相談できる環境が整っていることで、安心して利用しやすくなります。

ほかにも設備に関するポイントも確認するようにしましょう。自習室や休憩スペースなどを確認していくことで、学習に集中しやすい環境なのか判断できます。さらに評判や環境が良いところだからといって、自分に合っているとは限りません。自宅から遠い場所にあると、通学にかかった分の時間は勉強できなくなります。

1つの視点だけではなく複数の点から総合的に判断することで、自分に合った環境を選択することにつながります。複数の東京の予備校を比較しながら、自分に合った選択肢を探っていくようにしましょう。

 

東京で入りやすい予備校を選びたいのであれば、どのような点に注目したらいいのでしょうか。志望校への合格率や、利用者の評判のチェックも必要です。さまざまなポイントを比較して、総合的に自分に合った環境を選ぶことが大切です。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名武田塾河合塾(マナビス)駿台予備学校東進四谷学院
ポイント史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
武田塾の画像
第3位 駿台予備学校
駿台予備学校の画像
第4位 東進
東進の画像
第5位 四谷学院
四谷学院の画像
予備校関連コラム