大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

予備校にはどんな服を着ていけばいい?服装選びのポイントなど

公開日:2022/01/01  最終更新日:2021/11/09


「予備校に行くときの服装は何でもいい!」という方は多いです。実際に、予備校に通っている人は勉強に必死で、他人の服装は気にしていない場合がほとんどでしょう。そうはいっても、多少は服装にも気を遣った方がよいのも事実です。こちらの記事では、予備校に通う服装選びのポイントなどについて紹介します。

予備校に着ていく服装のポイント

これから予備校に通う人は「予備校ってみんなどんな服装をしているの?」と疑問に思うかもしれません。予備校に通う現役生であれば、平日は制服、休日は私服を着ています。

また、勉強をしに来ているから服装は気にしないという生徒の方が多いでしょう。「でもやっぱり服装に悩んでしまう!」という方は、予備校に着ていく服装のポイントを紹介するので、参考にしてみてください。

派手すぎない服装がおすすめ

予備校は、みんなが勉強するための施設です。派手な服装をしている生徒はあまりいないので、露出が多かったり、派手な服装だったりすると、周りから浮いてみえることもあります。できればシンプルな服装でいくのがおすすめです。

冷暖房のことを考える

予備校は冷暖房がよく効いている場合が多いので、自分で体温調整ができる服装を選ぶのがポイントです。自分にとってちょうどよい温度でないと、勉強に集中できなかったり、体調を崩してしまったりする場合があります。たとえば、カーディガンなどのはおりものは、すぐに着脱できて温度調節がしやすいのでおすすめです。

予備校におすすめの服装【女子】

女子は、スカートよりもデニムなどのパンツスタイルがおすすめです。スカートだとどうしても足元を気にしてしまうので、勉強に差し支えるかもしれません。スカートが履きたい気分の時には、ロングスカートを選びましょう。また、ヒールだと座っていても疲れてしまうこともあるので、スニーカーや高さのないパンプスなどを選んでみてください。

アクセサリーはじゃらじゃらしないものを

アクセサリーもあまりつけすぎてしまうと、邪魔になります。とくに、ブレスレットなどはノートをとる時などにも当たってしまい、授業に集中できなくなるかもしれません。腕時計など、最低限でシンプルなものにしましょう。

予備校におすすめの服装【男子】

男子は、勉強に集中しやすいラフな格好がおすすめです。たとえば、スウェットやワイドデニムなど、楽な服装がよいでしょう。男性の服装の注意点としては、「だらしなく見えない」ように気をつけるのが大切です。スウェットでも伸びきってしまったものだと、清潔感がないように見えてしまいます。楽な服装でも、清潔感に気をつけて服装を選びましょう。

予備校に着ていく服装選びの注意点

最後に、予備校に着ていく服装選びの注意点をご紹介します。

服装選びに時間をかけすぎない

予備校に着ていく服装を選ぶ時には、あまり時間をかけすぎないように注意しましょう。予備校に通う受験生は、勉強に時間をかけなければならない大切な時期です。服装に悩む時間があれば、勉強に時間を使った方がよいでしょう。たとえば、服装は2~3種類をローテンションで着用すると、毎回服装を考えずにすみます。

着心地を優先する

予備校では、着心地がよい服装を選ぶのが大切です。締め付け感のある服などは、勉強の妨げにもなってしまうので、避けた方がよいでしょう。

 

予備校に着ていく服装は、「勉強に集中できる楽な服装」を一番に考えましょう。服装の組み合わせを数種類ほど事前に考えておいて、ローテーションで切るのもおすすめです。着心地のよいシンプルな服装で勉強に臨みましょう。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名東進河合塾(マナビス)駿台予備学校四谷学院武田塾
ポイント「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

東京の予備校ランキング!
第1位 東進
第4位 四谷学院
第5位 武田塾
サイト内検索
予備校関連コラム