大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

第5位 一橋学院

一橋学院の画像

校舎名 予備校 一橋学院
住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 1-29-5
電話番号 0120-184-550
設立 1951(昭和26)年
おすすめポイント一番行きたい大学への合格をサポート

一橋学院は創業70年以上の歴史ある予備校です。長年の実績で培ったノウハウと「一人ひとりの能力を最大限伸ばす少人数教育」という教育理念をもとに、キャリア豊富な指導経験を持つプロフェッショナルな講師が、「いちばん行きたい大学」に到達するためのサポートをしてくれます。一橋学院について詳しくご紹介します。

合格を目指すための授業システム

一橋学院の画像
一橋学院では、通勤・通学ラッシュ時間帯を回避するため登校時刻を遅らせ、第1限の授業開始を朝10時としています。このことにより、余裕を持って授業に臨むことができます。

少人数制ライブ授業

講師と生徒の距離が近い「FacetoFace」の少人数授業を基本とし、生徒一人ひとりに時間と情熱をかけた指導を心がけています。講師が生徒に直接語りかけながら展開する双方向ライブ授業は、ほどよい緊張感の中で、学ぶ楽しさを伝えながら、真の学力を育成していきます。

学力別基幹授業

どんな大学の入試でも、共通して必要とされるのが知識力・理解力です。「学力別基幹授業」では各教科の中で、知識力・理解力を高めるための効果的で最適なカリキュラムが組まれています。

入試研究ゼミ

「入試研究ゼミ」は、対話型の授業であり、一人ひとりの「志望大学との距離」を確認しながら進行していきます。大学・学部によって異なる出題傾向や配点比重に対応できるよう、年間を通して必要な志望校対策を講じることを目的としています。

選りすぐりのオリジナルテキスト

長年の伝統から生み出されたこだわりのオリジナルテキストは、多くの先輩から高評価を受け、今も進歩を続けています。その質とボリュームは、一橋学院自慢のテキストとなっており、基礎的な問題から高度な問題まで、段階的に編集されています。

信頼のサポート体制

一橋学院の画像
一橋学院では授業外のサポートも充実しています。

信頼のチューターサポート

指導経験豊富な専任プロチューターが担任となり、志望大学のことや生活リズムのことなど、受験生のさまざまな相談に応じてくれます。成績や学習状況を把握したチューターが存在することで、細かい個別ケアが可能となっています。

保護者サポート

受験生だけではなく、保護者へのサポートも充実しています。毎日登下校時に、カードリーダーシステムを通じて出席状況を記録するとともに、保護者にもメールを送付してくれます。また、テスト成績などの学習状況、出席状況も定期的に保護者あてに郵送してくれます。

また、「いちばん行きたい大学」へ合格するためには、保護者の方との連携が欠かせないとの考えから、一年に一度保護者会を開催し、学習面・生活面のポイントなどを教えてくれるほか、希望により、保護者もチューターとの個別面談をでき、三者面談にも応じてくれます。

個別指導

個々の学習状況や目的に合わせて、オーダーメイドの個別指導で弱点科目や苦手単元の克服をサポートしてくれます。

集中できる学習環境

一橋学院には個々に分かれたブース式の自習室があり、長時間座っても疲れにくい椅子を用意するなど、思いっきり集中できる環境が整えられています。一橋学院は自習室を含めた全館でWi-Fiが使用できます。

一橋学院のクラス紹介

一橋学院には、大きく分けて高校生コースと高卒生コースのふたつがあります。ここではそのコースについて紹介していきます。

高校生コース

一橋学院の高校生コースは、自由選択に自由選択に基づく単価受講のスタイルのため1講座から受講することが可能です。講座のレベルはもちろん、現状や将来の希望にあわせきめ細かく対応しています。もちろん、得意分野はトップレベル、苦手分野は少し難易度を下げてといった凸凹受講もできます。
また、受験勉強と部活動の両立ができるよう、受講する講座のみの「加算制」、じっくりと総合的に受験対策を行う「定額制」とプランが分かれているため、一人一人に合わせた柔軟な学費プランも魅力です。
そして、個別演習トレーニングで、自分で解くという経験を積んでしっかり身に着けることができます。ほかにも、学校推薦型選抜・総合型選抜サポートで、ひとりひとりにあった対策指導や「英検®対策」集中講座など、実力をしっかり高めていけるカリキュラムが整えられています。

高卒生コース

一橋学院の高卒生コースは、志望系統別クラスで、一番行きたい大学に合格するための指導を集中的に行っています。ひとりひとりの学力を基礎から大学入試レベルまで高めていく、学力段階別授業と、志望校に合わせたきめ細かい入試研究ゼミで効率的かつ、的確に実践力を身に着けることができます。
また、苦手強化がある場合は、オプションで個別指導を追加し、弱点をしっかり補強することもできます。毎朝テストを行うことで、生活リズムを習慣化、教科別コンプリートテストでは、定着度をしっかり確認することができます。
設置クラスは、プライム東大理類やトップレベル私立大理系、トップレベル国公立大文系など15クラスにもなるので自分の志望校に合わせて選択することが可能です。

一橋学院の合格実績

一橋学院の画像
一橋学院は、ひとりひとりにしっかり向き合い、それぞれが一番行きたい大学へ合格できるようサポートしている名門予備校です。ここではそんな一橋学院の合格実績の一部を紹介します。

・東京大学    ・一橋大学   ・東京工業大学
・北海道大学   ・東北大学    ・筑波大学
・千葉大学    ・東京外国語大学  ・お茶の水女子大学
・東京農工大学  ・電気通信大学  ・東京海洋大学
・東京都立大学  ・横浜国立大学  ・名古屋大学
・京都大学    ・大阪大学    ・九州大学
・早稲田大学   ・慶應義塾大学  ・上智大学
・東京理科大学  ・国際基督教大学  ・明治大学

安心の授業録画システム

一橋学院の画像
一橋学院のレギュラーコース授業はすべて録画されています。病気や学校行事などで授業を休んだ場合でも、「スポット視聴」として、後日その授業を学院で視聴できます。また欠席授業だけでなく、「レギュラー視聴」として、履修している全授業を自宅のPC等に配信し、復習できるシステムもあります。

 

まずは資料請求や個別相談を検討してみよう!

一橋学院は少人数制で指導してくれる予備校で、生徒と講師の距離が近く、「聞きたいときにすぐ聞ける」万全の質問環境が特徴です。長年の伝統と実績を活かし、一人ひとりが「志望大学との距離」を近づけるために必要なサポート体制も充実しています。
そんな一橋学院が気になる方はぜひ一度、資料請求や個別相談をしてみてください。

一橋学院を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

こまめに指導してくださいました

料金
料金はお手頃だったと思います。ほかの大手さんに比べたら良心的だったのではないでしょうか

講師
コロナでオンラインから始まり、少しずつ登校するようになり、オンラインも登校してからも変わらずこまめに指導してくださいました

カリキュラム
教材は特別多くもなく、割と整理されていたと思います。講習も無理なく受けられるように相談しながら受講できました

塾の周りの環境
駅から近く、周りはオフィス街なのでコンビニやちょっとご飯を買いに行ったりできるところがありました

塾内の環境
教室は、少人数制できれいに整頓されており、今日はここの教室が自習室になるなどときちんと表示してありました

引用元:https://www.jyukunavi.jp/

→かなり好評の口コミですね。最初は、オンラインでのスタートだったそうですが、オンラインの時も投稿してからもかなり良いサポートが継続されていたようです。
また、教材の量もちょうどよかったそうですね。教材が少ないのはもちろん困りますが、多すぎると選択肢が広がりすぎて勉強を進めにくくなってしまいますので、ちょうどよいボリューム感であるのはうれしいです。

成績が飛躍的に伸びました

料金については非常に良心的です。また娘は偶然特待生をいただいたので、それよりも安く済みました。

講師
娘には会う先生だったのか、英語と数学の成績が飛躍的に伸びました。ありがとうございました。

カリキュラム
普通の教材であったようですが、娘にとっての難易度や進度が適切であったように思います。

塾の周りの環境
高田馬場のゴミゴミとしたところであるが人通りが多く安全ではあろう。

塾内の環境
自習室が非常によく集中して勉強できるような状態であったとのことです。

引用元:https://www.jyukunavi.jp/

→非常に良心的な価格だったとの口コミです。一橋学院では、少人数制ライブ授業を採用していますが、確実に結果を出しつつも価格が抑えられると非常にうれしいですね。
また、自習室の環境にも非常に満足だそうです。自習室を完備している予備校はいくつもありますが、しっかり環境が整っていると安心して通うことができます。

一橋学院の東京都内の教室情報一覧

予備校 一橋学院

住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 1-29-5
電話番号:03-3232-3281
営業時間
・月曜日~土曜日  9:00 ~ 19:00
・日曜日・祝日   9:00 ~ 17:00

東京の予備校ランキング!
第1位 東進
第2位 四谷学院
第3位 武田塾
第5位 一橋学院
サイト内検索
予備校関連コラム