大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

予備校を選ぶ際の注意点とは?

公開日:2018/11/15  最終更新日:2019/04/12

受験で納得することができなかった人の数多くは1年の浪人といった形でもう1回大学試験にパスすることを目指します。

そのアシストとなるのが、浪人生を受け付けてくれる予備校です。

しかし多くの金銭がかかりますし、志望校合格が実現できるのかなどを考慮すると、そう簡単には決めきれないケースもあります。

きちんと納得することができるためにも、はっきりとした基準を持った上で選考することが重要になります。

生活しているエリアや駅を基にして選びましょう

選ぶ際の注意点の一つとして、暮らしているエリアや駅を基にして選ぶことが重要になります。

外出するなら、近距離に越したことはありません。

その為に、暮らしているエリアをベースとして探すことが重要になります。

30分から1時間くらいで通学することができれば望ましいです。

朝方にゆとりがあるのはもちろんのこと、移動する時間が少なく済み身体上の負担を減らせます。

1年足を運び続けることを考えれば、当然近さは利点といえます。

存在していないエリア内の人は、電車を活用することによって1時間以上を費やして都市に通うこともあります。

そして、あまりにも距離がある場合は寮生活に取り組む必要性が出ます。

効果的な対策をしたい中身を基にして選びましょう

入試をクリアするにはそれぞれの科目において得点することが重要になります。

その為に英語、あるいは数学など、どういった科目に力を注ぐのかということも判断基準になります。

合格に対する近道を歩みたい人にとっては、こうした基準が最も奨励できます。

具体的には、志望校に合格するために、該当の大学に強い予備校を探すことになります。

それぞれの予備校で得意とするフィールドが異なってくるので、しっかりとポイントを把握した上で選択しましょう。

授業形式を考慮して選びましょう

授業形式と言いますのは、主として個別指導、さらに集団授業そして映像授業にあたります。

実際のところこうした授業形式をベースとして選定することも近頃は拡大をみせています。

この理由は、各自の授業形式に則して学び方がまるで違うからです。

個別指導においては、教師と生徒が1:1など形式で授業に当たります。

理解度に従って授業のリズムを早くしたりスローにしたりしてもらえる為、抵抗感がある内容が多いという人は個別指導形式が望ましいです。

その一方集団授業につきましては旧タイプの授業形式になります。

小中高と過去受けた授業と同様のものであり、プログラムに沿って新しいものを定められたテンポで習うことになります。

少し理解が追いつかないケースでは復習並びに授業した後の質問を活用することによって対応できますが、学習する気力が失せた状態になるとそう簡単には遅れを戻せなくなります。

授業に関してはテンポが早いので、それなりのモチベーションが必要不可欠です。

また、映像授業についてはここに来て増加しており、録画されている授業を目にしたりオンラインを介して授業を受ける形です。

映像授業においてはライバルを気にすることなく学習することができるのがキーポイントになります。

それに加えて、反復し視聴することもできるので、濃厚な復習ができ着実に知識を手に入れられます。

ほかにも近頃ではアプリケーションソフトや動画ファイルとしてストックして好きな際に見ることができるものもあります。

予備校を選択するときは、エリアや対策の実践をしたい内容、授業形式が主だった基準といえます。

日々の生活においては、3年で会得する中身を1年で会得しなければならず、一層生活パターンが変わることもあり、ずいぶんと大変と感じることもあり得ます。

しかし、選考の判断基準に即してしっかりと選考することになれば、難しい大学受験で成果をあげられます。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名武田塾河合塾(マナビス)駿台予備学校東進四谷学院
ポイント史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
駿台予備学校の画像
第4位 東進
東進の画像
第5位 四谷学院
四谷学院の画像
予備校関連コラム