大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

第3位 駿台予備学校

おすすめポイント「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在

3位にランクインしたのは、「駿台予備学校」です。テレビコマーシャルや広告看板などでもよく見かける、非常に知名度の高い受験予備校です。みなさんも多分ご存知でしょう。ひょっとすると「なんであの駿台が1位じゃなくて3位なの?」と思われている方もいるかもしれませんね。でも、これは適当に決めたわけではなくて、ちゃんとした理由があります。それに関しては後ほど説明しますので少々待ってください。

さて、駿台予備校といえば、受験生を持ったママさんは「駿台全国模試」というものをご存知でしょうか。国内ではさまざまな形式の模擬試験が実施されていますが、その中でも駿台全国模試はかなり重要視されています。それはなぜかというと、受験生に東大や京大、そのほか医学部といった超難関大学の志望者が多く、それに合わせて問題も非常に難しく作られているのです。だから、駿台全国模試は難関大学を受験する生徒にとっては腕試しに最適であり、なおかつ正確であるとしてかなり評判がよいです。

そんな駿台全国模試を手掛けているだけあって、駿台予備校のブランドはとても高く評価されています。受験を控えた子どもを持つママの間では「予備校といえば駿台!」というイメージが一部の間で根強くあります。そしてその影響力は家庭のみならず、教育現場でも健在です。実際、先生から直接的ではないにせよ、「駿台がいいよ」といった感じですすめられた生徒もいるようです。

なぜ、そこまで高い人気を誇っているのかというと、やはり豊富な実績を持っているから。その一例を紹介すると、東京大学合格者が1409名で、京都大学合格者が1421名。さらに大阪大学合格者が1064名で、一橋大学の合格者は291名となっています。特に私立大学には強く、早稲田大学は4297名で慶應義塾大学は3024名、そのほかにも上智大学は1176名で青山学院大学は1048名と、堂々たる実績を誇っているのです。

「予備校を選ぶのなら、やっぱり実績でしょ!」という方であれば、駿台を候補から外すことは難しいのではないでしょうか。実績のみでいうのであれば、駿台ブランドはかなりのもの。ひょっとすると、駿台に入っているだけで子どもはみんなに自慢できてしまうかもしれませんよ!?

参考書も出している人気講師が登壇に登場!

受験生の中でもひときわ高い人気を誇っている駿台予備学校。その人気の理由は高いブランド力や豊富な実績にもありますが、大きな理由は「人気講師に会いたいから」というものかもしれません。

大手予備校には「教え方がうまい」「わかりやすいだけでなくおもしろい」と受験生の間で高い人気を誇っている人気の講師がたくさんいます。そして駿台もまた、多数の人気講師陣を抱えていることで知られているのです。

たとえば、千葉大学の非常勤講師であり、英語を教えている大島保彦さん。10以上の言語を操る天才でもある傍ら、長い雑談タイムの中で違和感なく自然と知識を習得させるというスタイルには定評があり、数多く存在する駿台講師の中でも特に強烈なインパクト。たくさんの生徒を東大に送り出した実績を持ち、東大コースのパンフレットにもその名前が紹介されています。著作としては「英語のしくみがわかる基本動詞24」や「英語長文問題集」などが知られています。

また、数学科の雲幸一郎さんも非常に有名です。この先生は経歴がすさまじく、なんとかつて東京大学の入学試験を完答したことすらあると言われている驚異的な頭脳の持ち主なんです!浪人生に対しては「スーパーの売れ残り」といったようなボロクソの毒舌を吐くことでも知られていますが、その一方で授業の内容自体はとても高度であり、「単なる暗記ではない『理屈』を教えてくれる」と評判になっています。「雲幸一郎の数学II・B解法攻略講座」などの著書も評判がいいようです。

物理では、笠原邦彦さんが有名です。柄チェックのシャツが印象的というユニークな方ですが、授業においては演習結果を自ら採点しデータ化、分析に用いてしまうなどかなりの論理派ということで知られており、明確でわかりやすい授業内容がとても評判です。

このように、駿台には個性的ですぐれた講師がたくさん存在しています。

志望校に応じた細かいクラス分けで過不足ない授業が受けられます

受験予備校の中でも名門として知られている駿台予備学校ですが、みんなが同じ内容の授業を受けるというわけではありません。地方のマイナーな予備校などではたとえ東大受験者であろうとそれほど偏差値の高くない大学の志望者と同じ内容の授業を受けなければならず、結局予備校を受ける意味がないということがしばしばあるのですが、名門である駿台予備学校ではそういったことはあり得ないのです。

駿台では、受験生の志望校に応じて数えきれないほど細かく分けられたクラスが用意されています。トップを狙いたい受験生に向けた「スーパー理系コース」「スーパー文系コース」も東大と京大に分けられているから、傾向と対策もばっちり。もちろん、トップ二校のみならず東北大や筑波大、一橋大など、難関国立大学を専門としたコースが用意されていますから、個々学校ごとの対策を行うことができるようになっているのです。

もちろん、私立大学にも対応しています。「スーパー早慶大コース」をはじめ、その難易度に応じたコースがちゃんと用意されているのです。それに、「ハイレベル私立大薬農獣医系」や「ハイレベル私立大医療保健看護系」などの医大向けコースもありますから、多様な志望者のニーズに応じられるようになっているのです。

e-ラーニングシステム「SUNDAIPLATON」に注目

ネットによる情報交換が主流となった現代においては予備校でもネットを駆使したさまざまなサービスが導入されるようになってきましたが、もちろん駿台予備学校でも同様のサービスが用意されています。

それが、駿台のeラーニングシステム「SUNDAIPLATON」です。このSUNDAIPLATONは学校での授業のみならず、家庭でもログインを行うことができるようになっています。だから、帰宅後のちょっとしたヒマな時間を利用して、習った内容の復習や、これから学ぶ内容の予習を行えるようになっているのです。

また、毎週入試レベルの問題が配信されますから、それを用いて得意分野と苦手分野の洗い出しも可能。その上英語4技能資格・検定試験利用型入試への対応も備わっているので、英語に関しては特に強みを持っています。

クラス制な点に関してはやや賛否両論かも

しかし、駿台予備学校に関しては、少々気になる点があります。それが、授業がクラス制で行われるということです。

最近は少人数制での授業がメジャーとなりつつありますが、駿台はそうではありません。20人から30人の、ちょうど学校の授業のような形式で行われるようになっています。

これがどのような問題を生むのかというと、「置いてけぼり」や「授業内容に意味がなくなる」というものです。1位の武田塾の項目でも解説しましたが、集団での授業ではどうしても生徒間の能力に差が出てしまい、生徒全体が満足できる結果にならなくなります。自分の子どもが置いてけぼりを食らってしまうというのは、想像するとちょっと嫌ですよね。

駿台予備学校を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

難関大・医学部合格を目指せる予備校

・講師
個性的な先生が多く、とてもお話も面白かったため授業が楽しかったです。

・カリキュラム
直前講習では志望校に合わせた講座があり合格に向けた最終調整ができたことがとても良かったです

・塾の周りの環境
御茶ノ水にあるため、交通の弁がとてもよくまた都会なので治安が良かったので安心でした

・塾内の環境
自習室が完備されており、また空気清浄機があったため受験直前でも安心できました

・料金
対面式のグループ講義授業であることを考えると適正な価格なのではないかと思います

・良いところや要望
進路アドバイザーさんやチューターさんが親身に相談に乗ってくださりとても安心できる環境でした

・その他
チューターさんが授業の休み時間に大学や受験について話してくださるのがとても役立ちました

引用元:https://www.jyukunavi.jp/

→駿台予備学校のお茶の水校はJR御茶ノ水駅を出た徒歩圏内に複数の校舎が存在しています。目標別にコースと校舎は分かれ、どの校舎もmarchを含む非常に高い学力が求められる難関大学への合格を目標としているだけでなく、医学部志望者を対象としたコースも存在するため、入校には一定の基礎学力が求められるという特徴を持っています。

より高みを目指す環境としてはこの上ない予備校ですので、学力に自信のある方や向上を図りたい方には非常におすすめができます。

順位結果が廊下に張り出される

・講師
志望校を目指すにあたって最適な有名講師を多数そろえているところ。

・カリキュラム
志望校合格に向けて、最適なカリキュラムだと思う。苦手・得意どちらもしっかり実力を伸ばしている。

・塾の周りの環境
学校帰りに立ち寄れるのが良い。駅からも近く、騒がしすぎず、ちょうど良いと思う。

・塾内の環境
自習室も完備されており、使いやすい。受講生のレベルもまずまずなので、騒がしくもない。

・料金
他と比較したことがわからないので何とも言えない。こんなものかなとしか言えない。

・良いところや要望
やはり子供が喜んで通っているのが何より。講師を完全に信奉していると思う。

引用元:https://www.jyukunavi.jp/

→駿台予備学校の良い所は、自分の学力の現状を嫌という程知れる点にあるでしょう。全国規模で実施されている「駿台模試」では自分の学力が全国でどの位置にいるかを把握できるだけでなく、その模試の結果や各校舎毎に行われるテストに関する順位は都度廊下に張り出されるため、常に競争意識を持ち続けることが可能となっています。

学力をアップさせるためには互いに高め合えるライバルや危機感の存在が必要不可欠ですので、緊張感のある環境に魅力を感じる方には駿台予備学校はおすすめができます。