大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

東京には特殊な大学や専門学校に特化した予備校もある

東京には多くの予備校があり、入試偏差値の高い医学部や難関大学だけではなく、美術や建築系などの学校を目指す学生も受験に備えて勉強をしています。

そして美術や建築系などの特殊な大学や専門学校の受験では、実技試験や面接試験を受けなければならないケースもあります。

東京都内にはそうした実技や面接試験の対策に特化した予備校も存在します。

 

警察官採用試験に合格するための方法

警察官は公務員なので、公務員試験で選考が行われた後に採用されます。合格した後は警察学校に通い、警察官に求められる法律の知識や体力を身につけるための訓練を受けます。

警察官の採用試験によって警察学校の入学試験が行われることになりますが、教養試験・論文および作文試験・体力試験・面接試験が実施されます。試験では、他の公務員試験と比べると教養試験で出題される範囲が非常に広いという特徴があります。幅広い知識が求められるので、十分な試験対策が必要です。

警察の採用試験に合格するためには、幅広い知識を身につける必要があります。東京には警察採用試験に特化した予備校が存在します。カリキュラムでは公務員対策の予備校と比べて教養試験対策が重視されており、一般の公務員予備校を利用するよりも合格率が高いというメリットがあります。警官を目指している方は、警察官の採用試験対策に特化した予備校を利用すると良いでしょう。

 

美術・建築系の大学・学部に合格するために必要な受験対策

美術系や建築系大学・専門学校の入学試験は一般的な学部とは違い、学力テストよりも実技試験が重視されて合否の判定が行われます。実技試験では特定の課題が与えられ、試験時間中に指定された対象物をデッサンするケースが多いようです。

学校によっては問題文に多くの条件が指定されており、どんなに上手に描くことができても指定された条件に違反した時点で0点になってしまう場合があります。入学試験に合格するためには単に絵を描く技術だけではなくて、発想力や設問の指示にしたがって解答をすることも求められます。

美術系や建築系の学校で実施される実技試験では、学校ごとに課題の内容や時間・レベルがバラバラです。そのため、自分が受験する予定の学校に合わせて受験対策をすることが大切です。

東京には美術系の学部を受験する学生のための専門学校があり、実技試験や筆記試験に備えることができます。ほとんどの予備校では個人指導も受けることができ、受験予定の学校に応じてきめ細かな指導を受けることができます。

 

キャビンアテンダントの入社試験に合格する方法

大手航空会社では社内にキャビンアテンダント(客室乗務員)を養成するための学校(課程)を設けており、入社試験の形で選考が実施されます。キャビンアテンダントになるためには接客方法だけではなく、非常時の救難訓練・飛行機・法律についての知識を習得する必要があります。

キャビンアテンダントに必要な教育プログラムは入社後に実施されますが、入社試験では厳しい訓練や仕事に耐えられるか審査されます。他にも危機管理能力や柔軟性も求められるので、一般的な会社よりも多くのチェックポイントをクリアすることが求められます。

外資系の航空会社に入社するためには高い英語力も必要なので、しっかりと英語の勉強をしなければなりません。 東京には航空会社に入社してキャビンアテンダントを目指す人のための予備校があり、面接試験対策や英語などを習得することができます。

中には実際に航空会社でキャビンアテンダントとして乗務した経験のある講師が授業を行い、入社試験の際にチェックされるポイントを個人的に指導してもらえる学校があります。

 

東京には多くの予備校がありますが、中には特殊な職業に就くための学校を目指す人のための学校もあります。数学や英語などのような一般的な受験科目だけでなく、特定の技能・教養や素質が重視される場合もあります。特定の職業に就くことを目指している方は、専門に受験対策ができる予備校を利用すると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院