大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

予備校とはどういうところ?

一生懸命勉強したものの、志望校に合格できないという場合もあります。もう一年勉強しようとしたとき、受験のための専門の学校があることを知ります。それが予備校です。予備校とはどんなところなのでしょうか。

高校卒業後に大学受験を目指せる学校

中学卒業後は、多くの人は高校に進学します。志望校に合格できない人もいますが、滑り止めの学校に進学したり、定員割れの学校の追加募集などに応募して何とか進学をします。では、高校卒業後に大学を目指す人はどうでしょうか。大学は将来の進路に大きく影響するため、やりたい仕事などがある場合には特定の大学や学部に入学する必要があります。また、無理に別の学校に進学するのではなく、何としても志望校に入りたいと考える人も多くいます。

高校を卒業するともちろん高校には行けません。かといって大学にも行けません。どの学校にも行けないので、何もしないと自分一人で勉強しなくてはいけません。これまで学校に通っていた人がいきなり自分一人で勉強するのは大変です。通う学校があれば、毎日規則正しい生活ができます。学校に通って授業を受け、さらに自分なりの勉強もすることができます。予備校は、大学受験の目標を持って、勉強に打ち込むための学校と言えます。

志望校に合格するための対策授業がある

多くの高校は普通科です。中には商業科や工業科、その他の科が設定されているところもあります。進学校では、進学コースや特進コースなど、普通科でも生徒の学力によってコースを分けているところもあります。各学校で設置目的は異なるでしょうが、有名国公立大学などの合格を目指すためのコースです。ただ明確に何大学の受験のためのコースなどとなっていません。いろいろな有名大学を目指せるコースになっています。

予備校は、志望校に合格するための対策授業が用意されている学校です。特定の大学名の入ったコースがあり、そのコースではその大学の過去問などの研究をして、その学校の受験に合わせた勉強が行えます。さすがにすべての学校ごとにあるわけではないので、いくつかの学校をグループ化してコースにしているところもありますが、上位にある学校を目指しやすいようになっています。それらのクラスに入ると、優秀な学校を目指す生徒が多くいるので勉強のやりがいもアップします。ですから、自分ひとりで勉強するよりも、合格に近づけるかもしれません。

成績の管理など受験に関するサポートをしてくれる

高校には進路相談をしてくれる先生などがいて、大学受験の相談や就職の相談などをすることができます。進学する人が多い高校なら大学受験の相談も熱心に行ってくれます。ただ、あまり進学する人がいない高校だと学校側の対応にそれほど期待できないかもしれません。模擬試験などもないので、自分で勉強したり模試などを受けて実力を把握する必要があります。

予備校では、成績の管理などを行って受験のサポートをしてくれます。大学合格が学校の目的なので、生徒ごとにどんな希望を持っているのか、成績はどれくらいか、模試の結果はどうなっているかなどの情報を管理してくれています。出席管理などもしてくれるので、少しさぼったりすると親などに連絡をして事情を聞いてくれたりします。高校と同じように担任のような先生がいて、学校での生活に悩んだ時でもアドバイスをしてもらえます。今の自分の成績と志望校の差を分析して、どういった勉強をしていかないといけないかなども教えてもらえます。

主に高卒生に対して、志望大学への合格をサポートしてくれる学校が予備校です。学校によっては現役高校生を受け入れたり、現役高校生のみしか受け入れていないところもあります。