大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

大学受験前の予備校はいつから通い始めるべきか

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/14

大学受験を意識している方は、自分がいつから予備校に通い始めるべきかを考えていくことは必要です。今の自分の実力を考えて、志望校に合格するために、どのくらいの勉強期間が必要になるのかを分析することも重要になりますし、高校1年生から学び始めるなど、時間をできるだけ多く作れるようにすることも必要になります。

受験勉強前の分析と学ぶ期間を決める

大学受験を意識している高校生の中には、高校1年生から予備校に通っている方も多く、早めにスタートを切ったほうが、学ぶ時間が増えます。しかし、高校時代に部活を頑張りたいなど、他にも頑張りたいことがある方は、1人1人に合ったペースで受験勉強を始める時期を決めることをおすすめします。

ただ学ぶ時間が長くあっても、漠然と学んでしまうと、思うように成績が伸びない場合もあるため、短期間でも効率よく集中して学べる環境を見つけることも大事です。いつから予備校に通い始めるかを自分で決めていると、それまで部活を頑張り、学校の定期テストもきちんと頑張って、受験勉強を少しでもうまく進められるように努力をすることは重要になります。

部活以外にも、将来の進学に備えて、アルバイトを頑張る高校生も多く、ある程度お金が貯まることで、安心して大学受験の勉強ができます。悩みごとがあると、学ぶことに集中できなくなってしまうため、進学に必要なお金など、悩みがある方は、家族に相談をしたり、アルバイトをしてお金を貯めていくことも大切です。

いつから通い始めるかを自分で決める場合、今の自分の学力を知り、分析をして、志望校の合格ラインに達するためには、どのくらいの受験勉強期間が必要かを考えることが求められます。

サポートをしてもらえる環境で効率よく学ぶ

独学で学ぶ場合、大学受験は学ぶ範囲が広く、難しいと感じるところがあると、調べるだけで時間がかかってしまいます。部活の大事な大会が終わった後に、短期間で集中して学べるようにしたい方は、独学ではなく、予備校で効率よく学べるようにすることをおすすめします。

スタッフにサポートしてもらうことにより、受験に役立つ情報を教えてもらうことができますし、難しいと感じるところを教えてもらうことができます。サポート体制が充実するところを見つけることにより、今の自分の実力に合ったカリキュラムで学ぶことができたり、本番の試験に近い形で問題を解けます。

早めに受験勉強を始める場合、目標を持って、効率よく学ぶことができるように、スケジュールを考えるときのアドバイスをもらえるなど、視野が広がりますし、時間を大切に使えます。

合格実績のあるところを見つけるための比較

受験のフォロー体制がしっかりとしているところだと、受験生も安心して学ぶことができますし、志望校に合格できる方もたくさんいます。合格実績のある予備校を見つけることができるように、比較サイトを参考にしながら、たくさんの情報を集めていくことをおすすめします。

去年の合格実績など、情報発信してくれるところを見つけることにより、自分の志望校への合格実績が豊富なところを見つけて、安心して学べます。合格実績があるところのほうが、いろんなデータが集まっており、実際の試験を想定して、いろんな対策を取ることができるようになります。

 

大学受験を意識している方の中には、高校1年生や2年生の時点で、塾などに通い始める方も多く、早めに学び始めることで、勉強できる時間が増えます。しかし、漠然と勉強をする場合、時間ばかりが過ぎてしまうため、目標を持ち、受験期間のスケジュール調整は必要です。

サポートがしっかりとしている予備校を見つけることにより、受験に向けた過ごし方のアドバイスをしてくれるところもあるため、部活の大事な大会が終わってから、短期間で集中して受験勉強を頑張ることもできます。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名武田塾河合塾(マナビス)駿台予備学校東進四谷学院
ポイント史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院
サイト内検索
予備校関連コラム