大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

低偏差値でも通える東京の予備校

大学受験をするためには、ある一定以上の成績が必要と言われています。

予備校も合格者をなるべく多くだすために、成績が良い人向けのクラスの方が多いです。

しかし、東京都内には偏差値が低くても大学進学を希望する学生は少なくありません。

実際、東京都内にはレベルの低い学校もあるのでそれに合わせた入りやすい予備校もあるはずです。

 

様々なレベルの学生がいる東京の予備校

東京は全国で一番人口が多く、大学や専門学校の数も全国有数です。地方に比べて大学進学を希望する人が多い地域で、地方なら進学をあきらめる成績の人でも大学受験に挑戦することは珍しくありません。

日本で一番難関と言われているところがある一方、さほど偏差値が高くないところも沢山あります。そのため、東京では予備校もそれに合わせて色々なクラスを用意しています。

地方では偏差値の高いクラスばかりの予備校でも、東京では成績が悪い人向けのクラスが設置されていることは珍しくないです。どこもとは言い切れませんが、まずは諦めずに入れるところを探してみることをお勧めします。

無理に難しい所に入ろうとしても、入塾テストのようなものがあるので自分に合った所にしか行けません。中には、模擬試験の成績でレベル分けしている所もあります。もし、少しでも上を目指すのなら大学受験の前に入塾テストの勉強を始めることをお勧めします。といっても、中には無試験のところもあります。

 

クラスによって使う教材が違う

同じ予備校でも、偏差値で分けたクラスによって使う教材がちがってきます。成績の良い人はより上を目指し、悪い人は基礎学力をしっかり身につけられるようになっています。

違う教材にしてあるのは、別に学生達を差別するためではありません。レベルにあった教材を使わないと、それぞれの成績を伸ばしてあげる事が困難になるからです。

実は、予備校で定期的に行われている模擬試験にもレベルがあります。難関大学を目指す人たち向け、偏差値の低い人も含めた全員が受ける模試といったように分かれています。

難関大学志望者向けは、問題も難しく実際の入試そっくりになっているのが特徴です。といっても、全員が全ての試験を受けるように言われるのではないので心配ありません。

教材と一緒で、自分に合ったものを受ければよいので不安に感じる必要はないです。無理せず、自分の目標の志望校を目指せるようにどの予備校でもカリキュラムを組んでいます。

 

上のクラスを目指せる環境の魅力

偏差値の低いクラスに入っても、大学受験までにもっと上を目指したいという気持ちで頑張る学生は少なくありません。その予備校に良いクラスがないと、ある一定以上は自分で頑張るか講師に相談して勉強するしかなくなります。

しかし、周りの偏差値が低いと刺激が少なくなり上を目指すモチベーションも上がりません。出来れば上の大学に行きたいと考えているのなら、複数のクラスが用意されている予備校をお勧めします。

上があれば、偏差値のアップに合わせてクラスを変えてもらうことも可能です。すると、教材や授業内容も変わってくるのでさらなるやる気につながります。

逆に授業が難しくてついていけないのなら、下のクラスに行くというてもあります。早い段階であきらめるのはお勧めしませんが、自分が勉強しやすい環境を整えることの方が大切です。予備校を選ぶときは、カリキュラムやクラスが充実しているところをお勧めします。その方が、結果的に偏差値をアップできる可能性があります。

 

東京は人口も学生自体も多いため、様々な大学や専門学校があります。日本最高峰と言われる難関大学もあれば、そうでないところもあります。受験生のレベルにも差があり、予備校も成績が良いレベルの高いところだけではありません。偏差値が低い学生でも通えるところが、東京都内にはいくつもあります。中には成績アップが望めるところもあるので、どんな人でも大学受験を目指せます

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院