大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

浪人するなら予備校通いがおすすめの理由

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/16

毎年大学受験は熾烈を極める戦いとなっており、残念ながら志望の大学に入学できなかったという学生が存在します。来年の春に桜を咲かせたいならば浪人という形を採ることになりますが、それまでの1年弱が合否を左右することになります。もちろん宅浪という方法も選ぶことが可能ですが、合格への近道は予備校です。それにはいくつかの理由があります。

合格を勝ち取るには情報が重要!

現役時の大学受験が失敗という形で終わった学生も、心機一転して春からは前向きにがんばりたいものです。受験を突破するには当然のことながら偏差値のアップということが必要ですが、実は受験は偏差値だけでは乗り切れないという要素があります。

偏差値アップの他にもうひとつ必要不可欠なものというのは、ズバリ情報です。たとえば東京には数多くの大学がありますが、それ故選択肢もたくさんあるため偏差値だけで志望校を決めてしまう危険性があります。しかし、大学によって入試問題の傾向というのは異なりますし、入試の日程の組み方にも細心の注意を払わなければ、当日ベストの状態で試験に臨むことができません。

そんな心配を解決する予備校は、受験に関しての情報の宝庫といってもよいでしょう。来年度の入試問題の傾向等を含む、自分では入手困難な受験情報を提供してくれます。ただでさえ受験勉強で時間が足りない状況で、個人でこういった情報を探して入手するのは大変な手間と時間が掛かります。

規則正しい生活と合格へのモチベーションを与えてくれる予備校!

過ぎてしまえば短い1年間も、浪人という立場ではストレスもありなかなかの長丁場になります。一生懸命勉強をしていても、中だるみやスランプということが起こらないとも限りません。予備校に通う大きなメリットは、毎日決まった時間に講義があるため、規則正しい生活を送ることができるということです。

もちろん、映像という方法で講義を受けることも可能ですが、好きな時間に受講できることで昼と夜が逆転してしまうという浪人生も決して少なくはありません。入試間近になって朝方に変えるよりも、早いうちから規則正しい生活を送る習慣があった方が有利であることは明白です。

また、予備校に通えば自然に自分と同じような目標を持った学生を目の当たりにすることになります。くじけそうになった時でも、よい意味でのライバル意識を持ち、時には励まし合いながら切磋琢磨できます。ともすると孤独になりがちな浪人生活の中で、受験に対するモチベーションを最後まで保つことが合格につながる大きなポイントとなるのではないでしょうか。

東京にある多過ぎる予備校!選び方のポイントは?

予備校と一口にいっても、東京のような大都市にはそれこそ星の数ほど予備校があるといっても過言ではありません。そんな東京の数多くの予備校から、来年の合格に導いてくれる一校を選ぶのは難しいことです。しかも、予備校選びが受験の合否を握るカギでもあるということは明白なことでもあります。

そんな予備校選びのポイントのひとつは、まずは実績に注目することです。実際にその予備校に通った浪人生が翌年どんな実績を出したかということは選択のための指針になります。

また、本当にその予備校が自分に合っているかということも重要なことではないでしょうか。それを肌で感じるためにも、まずは候補と思えるいくつかの予備校をピックアップし、ぜひ体験授業を受けてみることをおすすめします。

実際の講義を受けることで、大体の雰囲気を掴むことができるはずです。通学時間や自習室の有無、チューターにアドバイスを受けることが可能かどうかといったことを丁寧に調べて、自分にぴったりのところを早めに決めるようにしましょう。

 

現役時代にたとえ受験に失敗したからといって、諦める必要がないということを先ず頭に入れておきましょう。自分に合った予備校に通うことで、来年度の合格はグッと近くなります。提供してくれる情報や講義内容を自分のものにすれば、来年度のリベンジはきっと叶うはずです。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名武田塾河合塾(マナビス)駿台予備学校東進四谷学院
ポイント史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院
サイト内検索
予備校関連コラム