大学受験・入試対策でおすすめ予備校(学習塾)を比較ランキングで紹介!【東京編】

予備校の夏期講習は効果的?費用の相場や授業内容を知ろう

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/17


東京の予備校では、夏休みになると通常の授業ではなく夏期講習を行うようになります。現役の高校生はもちろん、浪人生もこの期間は同じ講習を受けることになります。通常の授業が休みなので、午前中から夜までさまざまな講習が用意されるのが一般的です。

普段の学校が休みの時間を有効的に使いましょう

東京の予備校では昼間は浪人生、夜は現役の高校生が大学受験を目指して授業を受けています。夏休みの時期は、一般的な高校と同じように予備校の普段の授業も休みになることが多いです。休みの時期は授業の予習や復習、毎日の宿題をこなす必要がないため自由な時間が増えます。

受験生の成績を大きく左右するのが、この夏休みにできた自由な時間といっても過言ではないでしょう。中にはテキストや教科書を使って、コツコツと一人で勉強する学生もいます。しかし、長期間の休みを一人で勉強していくというのは意外と大変です。

そこでおすすめなのが、夏休みに予備校で開催されている夏期講習です。夏期講習では、英語の長文や数学なら数列といったように細かい部分を集中的に学ぶことができます。

苦手な部分を選択すれば、夏休みを利用して効率的に勉強し成績をアップさせることも夢ではありません。普段学校に通う時間に夏期講習で勉強することになるので、夏休みだからといって生活習慣が崩れることも少ないです。生活リズムを保ちながら、効率的に勉強できるのが魅力的な点です。

短期集中型で苦手な部分を克服しましょう

東京にはたくさんの予備校があるため、夏期講習の種類も非常に豊富です。英語の長文読解が苦手なら、自分に合ったレベルで長文読解を効率的に勉強できる夏期講習を見つけることも難しくありません。

3回から4回といった、短期間で集中的に苦手科目を一気に勉強できます。夏休みで時間もたくさんありますから、講習の後に自宅で復習する時間も充分にあって安心です。不安な時は、普段受けている授業よりレベルを下げて講習を受けるのもひとつの手です。

逆にさらにレベルアップした上のクラスを受けてみるということも、夏期講習でなら簡単にできるでしょう。魅力的な授業がたくさんあるからといって、あまり受けすぎてしまうと復習の時間がなくなるので注意が必要です。

短期間の授業ですが、通常の授業に比べると内容が濃く進みも速いので復習するのも時間がかかります。たった3回程度でも、非常に内容が濃いからこそ苦手な部分を一気に克服できる可能性を秘めています。

講座ごとに選べば費用を抑えることもできます

東京の予備校や高校に通う生徒の多くが、夏休みになると夏期講習に通っています。当然、普段の授業にプラスして授業料を支払わなくてはいけません。中には、その費用が心配で通うことを躊躇してしまう人もいるでしょう。

もし、費用を抑えたいのなら苦手科目だけといったように受講する講座をいくつか減らすことをおすすめします。夏期講習の魅力的なところは、なんといっても一つ一つの講座を選択できるところです。一つの講座なら、値段も2万円から3万円以内に抑えることができます。自分一人では勉強しにくい苦手なものを受講して、得意なところは自分で学習するという方法もおすすめです。

逆に、得意な部分も含めて受講数を増やすという人もいます。その場合は、費用がかかるだけでなく復習する時間も増えていくので注意してください。受講するだけでなく、復習して自分の知識や力に変えて初めて効果が期待できるからです。上手に費用を抑えながら、自分の成績を伸ばすよう頑張ることが大切です。

 

東京の予備校では、夏休みになるとさまざまな夏期講習が開かれています。選び方に気を付ければ、費用を抑えて短期集中で勉強することが可能です。さらに苦手な科目を夏休み中に克服することも、成績をアップすることも夢ではないでしょう。志望大学に入りたいと考えているのなら、夏休みをうまく利用して夏期講習に通って勉強することが大切です。

東京でおすすめの予備校一覧

イメージ12345
会社名武田塾河合塾(マナビス)駿台予備学校東進四谷学院
ポイント史上初!授業をしないのに難関大学へ合格できてしまう塾生徒一人ひとりのことを考えた、学びやすい環境づくり「駿台模試」でも有名な受験予備校の定番的存在「今でしょ!」の林先生でも有名な昨今の人気予備校「科目別能力別授業」「55段階個別指導」など体制に自信
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

東京の予備校ランキング!
第1位 武田塾
第3位 駿台予備学校
第4位 東進
第5位 四谷学院
サイト内検索
予備校関連コラム